緻密な計算が貴方の運命を導く 記事 【四柱推命】大運の時期はいつ? 10年周期で変わる運命とは

【四柱推命】大運の時期はいつ? 10年周期で変わる運命とは

四柱推命で運気を読む際、日常的な運勢は日や月の干支を基にします。しかし、人生の大きな流れや転機を理解するためには、「大運」を活用します。10年周期で変わる運命は、「通変星」を使って読み解くことが可能です。

10年という期間は、一見長く感じるかもしれませんが、振り返ればあっという間。人生の各段階で、この「大運」がどのような意味を持ち、どのように解読できるのかを探ります。

「比肩(ひけん)」の意味

比肩は、一人で力を試す時期を指すでしょう。この10年間は、家を出たり、単身赴任を経験する可能性が高いです。自己主張が強まり、独自の視点や能力を高める時です。

「劫財(ごうざい)」の意味

劫財は、友達や仲間とのつながりが重要な10年間を示します。人間関係を大切にし、共同で目標を追求します。この期間は出世競争からは一歩引いた立場になる可能性も。劫財が示すのは、垂直な関係よりも水平な人間関係の重要性です。

「食神(しょくじん)」の意味

食神が主宰する10年間は、生活に不自由しない時期です。何もしなくても、人生はスムーズに進行します。この期間は、明確な目標を持たなくても、何となく方向性が見えてくるのが特徴です。

「傷官(しょうかん)」の意味

傷官は孤高の生き方を指す大運です。感受性が高く、喜びも悲しみも人一倍感じる時期です。あいまいな態度は許されず、選択肢にはけじめをつけなければなりません。精神的には繊細で、人からの言葉に深く影響を受けやすいです。

「偏財(へんざい)」の意味

偏財は考え方が柔軟になる大運です。人間関係が良好になり、金運も上昇する時期となります。ただし、利益ばかりを追求するわけではありません。仕事や恋愛においても多くのチャンスが広がります。

「正財(せいざい)」の意味

正財は定期的な収入や形になる財産がテーマの大運です。仕事に対する責任感が高まり、真面目に働く時期です。組織の中でのチームワークが重視され、順調に出世するでしょう。

「偏官(へんかん)」の意味

偏官はダイナミックな行動力が求められる大運です。決断力が備わり、積極的に行動する時期です。一時的な苦境も、その後の大きな飛躍のきっかけとなります。

「正官(せいかん)」の意味

正官は社会的な地位や名誉がテーマの大運です。与えられた仕事や役割をしっかりと果たし、評価を得る時期です。組織の中で自分のポジションを確立する能力が高まります。

「偏印(へんいん)」の意味

偏印は破壊と創造がキーワードの大運です。価値観や環境が大きく変わる時期で、その変化を積極的に受け入れることが大切になります。

「印綬(いんじゅ)」の意味

印綬は地位や名誉が評価される大運です。堅実に行動し、その結果が認められる時期です。安定した環境で自分の能力を発揮できるでしょう。

まとめ

四柱推命の大運は、人生の各節目で異なる影響を与えます。自分がどの大運にいるのかを理解することで、人生の大きな方向性が見えてきます。この知識を活用して、より良い未来を切り開いていきましょう。

Related Post

四柱推命でわかる結婚運とは~結婚の適正について紹介~四柱推命でわかる結婚運とは~結婚の適正について紹介~

「結婚できますか?」という質問に答えるのは四柱推命ではなく、あなた自身です。恋愛や結婚に特定の星座が影響を与えることはありますが、それがすべてではありません。今回は結婚に適した運気と注意すべき運気について考察します。 四 […]

グリーングリーン

色と言えば、心と体にさまざまな影響を与える力があります。なかでもグリーンは、自然や成長を象徴する色として知られています。あたたかい春の日差しを受けて芽吹く新緑、樹々が密に生い茂る森の深緑、すべてはこのグリーンが描き出す生 […]