吉方位と開運の方法の決め方

九星気学は中国に古くから伝わる9つの星を利用して人の運勢を占うものとなっていますが、その占い方にはいくつかのポイントがあります。1つは人の生まれ年による「本命星」と、生まれ月で決定する「月命星」を把握することです。

したがって九星気学では生年月日によりそれぞれ本命星と月命星があり、その組み合わせによって様々な運勢が決まると考えられているためです。この2つの組み合わせで様々な物事が決まるとされており、開運の要素やそのための吉方位なども決定するのが特徴です。

生まれながらに持っている様々な要素により自分を取り巻く環境があらかじめ定まっていることが特徴であり、これに基づいて行動することが良い運勢を招くと考えられています。

Related Post

資格は必要?資格は必要?

四柱推命の占い師になるには、特別な資格は要りません。多くの占い師が、今までの人生経験や趣味を活かしたり、専門的に占いを学校で学んでから占い師になっています。誰でもなれる占い師だからこそ、プロフィールや経験が重要です。資格 […]