四柱推命の歴史

四柱推命の歴史は3000年以上前の古代中国で始まったと言われています。
当初は占いではなく、人々が社会生活を営むための倫理と、物事との繋がりを表わす論理を組み合わせた学問でしたが、紀元3世紀ごろには占いとして用いられ、政治の世界では重要な物事を決める際に利用されてきました。
日本国内では1800年代に四柱推命の元となる書物が伝来された後に翻訳され、当時の人々の間で占いとして広まりました。
現代では四柱推命の中にある命式から自身の存在や特質について知り、運命を切り開いて幸せな人生を歩むためのヒントとなり役立てられています。
四柱推命が積み重ねた歴史は時代と共にアレンジされ、多くの人々を導く希望を与えています。